【2020年】動画にモザイクやぼかしをかける便利なアプリ・ソフト6選

こんにちは、Tinoです。

ようやく桜の季節になりますね。綺麗な桜の写真を撮影したり、おしゃれな動画を作ったり、SNSにアップロードする方は多くいらっしゃいます。

ただし、撮影する時、別の通行人の顔を写真や動画に映ったことを避けられない場合あいます。プライバシー保護のため、SNSにアップロードする前に、写真や動画にモザイクやぼかしをかけることをお勧めします。

そこで、今回は動画にモザイクやぼかしをかける便利なアプリ・ソフト6選を紹介します。

 

目次:

Part1:モザイクやぼかしをかけるアプリのご紹介

Part2:モザイクやぼかしをかけるパソコンソフトのご紹介

 

Part1:モザイクやぼかしをかけるアプリのご紹介

1.動画モザイクアプリ-ぼかし動画 & モザイク動画

動画のぼかしやモザイクに特化する定番アプリとして、多くのサイトに紹介されたことがあります。AppleのAppStoreでの評価は4.5/5で、かなり評判がいいですね。さっそく動画モザイクアプリの機能概要を見ましょう。

機能概要:

  • 顔全体をぼかすことができる
  • ピンポイントでモザイクを入れることができる
  • モザイクの形を設定できる
  • 動画中の顔を認識して自動でぼかせる

ロコミ:

良いところ:こういうアプリを探してました!!!以前から写真のモザイクアプリはとても便利で利用させてもらってたのですが動画バージョンがあったなんてめちゃくちゃありがたいです!

気に入らないところ:対象物に合わせてモザイクを移動させる編集をしていて、モザイクを動かしたくない場面でも数秒後に動かす編集がされているとそこにめがけて勝手にモザイクがずれていく。他にもモザイクが必要ない場面ではモザイクをカットできる機能があるのだがモザイクカットしてもレイヤだけは残っていて画面にタッチすると勝手にモザイクが復活する。モザイクレイヤを複数使うと画面がモザイクだらけになってしまう。

入手先:App Store

2.VideoToolbox

VideoToolboxは動画のモザイクをかけることだけではなく、背景合成などもできます。海外製の動画編集アプリですが、日本でもかなり人気があります。アプリ自体は無料で利用可能ですが、一部の機能を利用するには、購入する必要があります。

機能概要:

  • 動画をクリックドラミングできる
  • 動画を編集、反転できる
  • 好きな音楽を動画に追加できる
  • ウォーターマークを掛けることができる
  • 動画にモザイクをかけることができる

ロコミ:

良いところ:あまりに簡単にビデオ編集ができて感激です。必要最低限のことがスイスイできるので満足です。無料の機能だけでも充分でしたが、有料でオリジナルのWatermarkを入れられるようにしたらさらに良くなりました。音楽をもっと増やして欲しいです〜。

気に入らないところ:iOS11にアプデしたせいなのか、動画を保存しようにも落ちてしまって保存できない。

入手先:App Store

3.MovStash

MovStashは動画にモザイクやぼかしをかけて保存できるアプリです。シンプルモードとタイムラインモード—二つモードがあり、異なるモードによって、モザイクする形式が異なります。

機能概要:

  • 特定の位置を指定して簡単にぼかせる
  • モザイクの種類は4種類ある
  • ぼかしをかけたい時間(タイムレンジ)と場所を指定してぼかしをかけることができる

ロコミ:

良いところ:iOSというか、スマホアプリの中でもちゃんと動画にモザイクがかけられるは少ない上に無料で使えるのでかなり重宝してます!

気に入らないところ:機能はいいと思う。とても使いやすい。だが、下の広告のせいでぼかしの種類の変更や動画の時間の変更などのボタンが隠れる。操作ができなきゃ意味がない。

入手先:App Store

Part2:モザイクやぼかしをかけるパソコンソフトのご紹介

4.Filmora9

前回の記事でも紹介しましたFilmora9は、大手会社Wondershareに開発され、本当の初心者向けの動画編集ソフトです。機能が豊富だった上に、操作もとてもしやすいです。ご興味がありましたら、使ってもよいです。無料版でも全機能を利用できますよ。

機能概要:

動画の分割、結合、回転、クロップ、モザイクかけ、テキスト追加・編集、解像度調整、画質補正、エフェクト追加、BGM追加、再生速度調整、スナップショット、手振れ補正、ビデオを逆再生、フラッシュ&ホールド、オーディオ編集、PIPなど。

ロコミ:

良いところ:ゲームの動画をyoutubeでアップしたくてPS4のシェアファクトリーで行っていたのですが、あちらでは動画加工に限界を感じ、試用版を使ってから即購入しました。動画加工は簡単です♪慣れてしまえば、いい感じにまとめられます。

気に入らないところ:PowerDirectorの後に買いました。レイアウトと操作性がそっくりなので馴染みやすかった。が、画質を劣化して再生するので、目的のものが撮れてるのか確認できず使い物にならない。

引用元: Amazon

入手先:公式サイトからダウンロード

5.BeeCut

BeeCutは初心者向けの動画編集ソフトです。無料版と有料版二つのバージョンがあって、ウォーターマークが入っていないかは無料版と有料版の違いです。動画編集機能はどちらでもご利用いただけます。ちなみに、アプリ版もあります(Android&iOS両方対応)。早速BeeCutの機能を見ましょう。

機能概要:

動画のカットや結合、音楽の追加、文字(テキスト、テロップ、字幕)の編集、モザイク、透かしの追加、回転や反転、クロップなどの一般的な編集機能に加えて、写真スライドショー、PIP(ピクチャーインピクチャー)、逆再生、クレジットタイトル、ビデオコラージュなども簡単に作成できます。

ロコミ:

良いところ:以前、動画を編集する時に、BGMのダウンロードにとても悩んでいます。音声素材サイトのBGMは少なくて、一部は有料ですので、どうしたらいいかわからなかった。幸い、BeeCut現在のバージョンでは、数多くの音声素材や効果音が用意され、助かりました。

気に入らないところ:約5分の動画を作っていたら途中から落ちるようになって、結局完成しない。短めの動画を作るのならいいのかもしれない自分は作ってないからわからないけど、作成していた動画にかけていた5時間を失いました。

入手先:公式サイトからダウンロード

6.Aviutl

Aviutlも前回のWindows用動画編ソフト6選の中で紹介されたことがあります。機能がとても充実ですが、初期の導入手順は少し難しいので、動画編集の初心者には向いていないと思います。

機能概要:

動画のカット・結合、動画・画像・音声・字幕(テロップ)の合成、トリミング、再生速度の変更(倍速・スロー・逆再生等)、動画自体のリサイズ、動画の縦横回転・左右反転、インターレース解除・ノイズ除去等の画面処理、カラーグレーディング(色調補正等)、エフェクト効果(モザイク・ブラー・歪ませ・色調補正・アニメーションなど)の適用など。

ロコミ:

良いところ:なれれば本当に使いやすく多機能で便利なソフトウェアです。本当にフリーソフトなのかと疑うレベルです。私はintel atom cpu、ram 4GBの低スペックpcをサブ機として使っていますが、そんな環境でもこのソフトウェアはやや快適に動いてくれます。(エンコードには時間がかかりますがw)プラグインの機能もあり、痒いところに手が届くように動画編集ができます。確かに他の方が仰る通り使いづらい点も多々ありますが、なれることができれば本当に便利なソフトウェアです。

気に入らないところ:とにかくバグが多い、あとは、空フレームの削除ができないのでかゆいところに全然手が届いていない。

引用元: freesoft-100

入手先:公式サイトからダウンロード

まとめ:

以上は動画にモザイクやぼかしをかける無料アプリ・ソフトのご紹介でした。好きなアプリやソフトを選択して、動画を編集しましょう。この記事はもし少しでもお役に立てれば、本記事をシェアしていただけますと幸いです。

 

 

iPhone Tips

Posted by Tino